なくなって初めて気づく送別会の大切さ~虚しさ

幼子を通わせていた保育園は、1学年1タイプで15名程度のこじんまりとしたところでした。

そのためタイプ替えなど無く、5通年ずーっとセッティング。

そうなるとその中でしっかりいるんですボスになりたがる女房が。

Aちゃんはママ達の中でも年齢がリーダーで、若い女房において「姉御スキン」という感じで頼られておる特有でした。

わたくしはそのAちゃんは同い年なので特に寄りかかることもなく、からきしまずいうそも聞いていたので、一礼程度のお付き合いでした。

そのAちゃんから何度となく「◯◯さんの女房も次回うちに飲みに欠ける?」と誘われていました。

ただし気乗り打ち切るので絶えず断っていました。

ある時また誘われたので彼に話したら「人様も生じるなら試しに行ってみたら?」というので、いよいよその飲み会に行くことになりました。

飲みの太陽、子連れでお邪魔するといったもう数人のママ達が来ていました。

メンバーを見ると総出Aちゃんを「頼りにしている」皆さん。

この時点で気持ちはどんより。

そんなメンタリティを払拭すべく、私もAちゃんやママ達に声明を合わせようって輪に入って余談していました。

そうすると話す構造が全般後ろ向きなことばかり。

保育園の会合の多さ、ドクターヤツの教授の言動、園長の悪口…しまいには飲み会に来ていない女房の悪口…。

わたくしはその声明に何ら賛同できないので、とても辛かっただ。

おそらくAちゃんはそんな話をするため、サークルを出しボスに君臨しているのでしょう。

なので、わたくしはそそくさといった輪から逸れ子供達相手にずっと遊んでいました。

子守りをするために飲み会に参加したようなものです。

その時の私の動きを察したのか、以後Aちゃんからは飲み会に誘われなくなりました。

後ろ向きな声明ばかりの飲みははたして辛いです。

その時の

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です